車を高く売る

クラシックカー(旧車)を高く売却するための方法とは?

投稿日:

年式に応じて価値の変動幅が増大するクラシックカーは、安易に売却を決めると買い叩かれる可能性が起こり得る車両です。

クラシックカー(旧車)を高く売却するためには、果たしてどのような方法が適しているのでしょうか?

今回はクラシックカーの特徴に加えて、売却時の注意点や高く売るためのポイントをご紹介します。

クラシックカー(旧車)を高く売却するための注意点

数十年以上前に製造された年式の古い車両は、一般的に旧車やクラシックカーといった名称で親しまれています。

総じて1980年以前のモデルがクラシックカーとして扱われ、年式が古くなるほど純粋なクラシックカーに当てはまります。

クラシックカーを高く売却するには、前提として日々のメンテナンスが欠かせない要因にあげられます。

クラシックカーの価値を判断するのは難しい・・

クラシックカーは基本的に希少車ならではの価値を備えるものの、クラシックカーの適正な価値を評価することは簡単ではありません。

クラシックカーは普通乗用車とは全く異なる車両ですから、「旧車の価値が分からない業者」に売却してはいけません。

一般的な買取相場を確認して普通自動車のように、その相場価格で売却できる可能性は極めて低いでしょう。

また、自身の知識が少ない状況で、その価値がわからないまま査定を依頼してしまうと、「買い叩かれて大きな損をしてしまう」こともありますので注意が必要です。

一部のマニアにしか需要がない?

そもそもクラシックカーは、維持費や税金が高い上に、故障や不具合が発生しやすい車両になります。

クラシックカーの愛好家や買取のノウハウを持つ業者で無い限り、このようなリスクは単なるデメリットと判断される恐れがあります。

需要と供給の観点でも、売却方法によってはその価値がわかる一部の熱狂的なマニアであれば高く売却できますが、そうでない場合は廃車扱いになってしまう可能性もあります。

知名度が低い車種は注意が必要?

流通量が少ないとはいえ、普通乗用車と同様にクラシックカーにも「人気車種とそうでない車種」が存在します。

一部の人気車種は買取相場を事前に見極められますが、知名度が低いクラシックカーの売却は交渉が難しくなるので注意してください。

人気車種であれば整備が行き届いていなくても買い取ってもらえる可能性がありますが、不人気の車種は買取を見込めない場合も出てきます。

加えて、クラシックカーの相場はオリジナルから離れるほど下がりますから、相場の基準をしっかり把握しておくことが大切です。

クラシックカーをレストアする必要性

大金をかけてクラシックカーをレストアしても、売却時に修復歴と評価されるのなら高価買取は望めなくなってしまいます。

※レストアとは、古くなって劣化した車両(外装、エンジン、トランスミッション、内装、シートなど)を新品に近い状態に直すことを言います。

そのため外装や内装の修復が必要であっても自力では行わず、これらの状態が良くないときにはそのまま残して洗車や掃除に力を入れる方法が向いています。

しかし、売却したいクラシックカーが故障して走行不能になっていれば、クラシックカーの買取価格は大幅に下がる傾向が見られます。

エンジンやブレーキに問題が発生している際には、「内装や外装と同一視せず」、費用を掛けてでも売却前にクラシックカーを修理しておきましょう。

クラシックカーは専門店で売却するのがベスト?

クラシックカーの売却では、基本的に大手の買取業者よりも、クラシックカー専門の買取業者を売却先に選ぶ方法が適しています。

ただし、専門の買取業者はそれぞれ強みとするクラシックカーのジャンルが違いますので、販売車両や買取実績を事前に確かめなくてはいけません。

また、買取業者によってクラシックカーの査定額には大きな差が生まれるため、「査定してもらう買取業者を増やす」ことは必須条件になります。

査定する買取業者が多ければ買い叩かれる可能性を避けられますし、「専門の買取業者以外に車一括査定サイト」も併用していきましょう。

中小規模の買取業者にはクラシックカーの買取ノウハウを備えるところも多く、車一括査定で買取業者の競合が起これば価格交渉に役立ちます

そのほか、クラシックカーをオークションに出品して、価格を競合さえていく方法も最適です。

価値をわかっている買取業者が価格を競り上げてくれるので、必然的に高値を期待できる可能性が高まります。

現在では、オークション形式で価格を比較して高値で売却できる一括査定サイトもあるので利用していく価値はあるでしょう。

もちろん車一括査定サイトなどで提示される金額に納得がいかないのなら、売却しない方法も主要な選択肢です。

まとめ

1980年以前に製造された年式の古い車両は、世界中の愛好家から旧車やクラシックカーとして人気を集めています。

売り手や熱狂的なファンはその価値を把握できたとしても、クラシックカーの売却先を誤れば買い叩かれる結果につながりかねません。

クラシックカーを少しでも高く売却したいときには、適正な価値を判断できる専門業者への査定依頼や車一括査定サイトを駆使しましょう。

おすすめできる一括査定サイトはこちら

一括査定サイトもたくさんありますが、私が利用している一括査定サイトをご紹介します。

私の場合は、下記の2サイトを同時に利用しています。

1サイトだけの登録よりも、複数のサイトに登録した方が高い査定額が期待できるからです。

ユーカーパックでは、2000社(2019年では5000社)の買取業者が登録しています。

一括査定サイトでは珍しい、「電話連絡、訪問査定」が一社のみでラクラクな一括査定が行えます。

1回の査定データを元に、全国の買い取り業者が、入札します。

最大、5000社が対象だから、あなたの愛車のほんとうの最高額がわかります!

ズバット車買取比較は、ユーカーパックと同様に申し込み時に買取相場がわかる、人気サイトの一つです。

買取業者の登録数が多く、自分で買い取り業者を選択できるのが特徴です。

ズバット車買取比較の統計で、一括査定によって査定額が平均13万円以上差が出ているようです。

また、7割以上の方が5万円以上の査定額の差を体験していて、50万円以上になったというケースもあります。

こちらも、ユーカーパック同様におすすめできるサイトの一つです。

-車を高く売る

Copyright© 【車売却net】車を高く売るなら一括査定がおすすめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.