車の新車情報

新型アクセラ(マツダ3)かっこよすぎ?値段やスペックはどんな感じなのか

更新日:

出典:「マツダ公式HP」https://www2.mazda.co.jp/cars/new_generation/pre/(以下含む)

マツダのアクセラは2003年に初代が登場して以来、世界130ヵ国で発売され、総生産台数が600万台を超える、マツダブランドのメインといっても過言ではない人気モデルです。

そんなアクセラですが、現行型が2019年の2月末に生産終了予定で、翌月の3月以降に新型のアクセラ(マツダ3)の発売が予想されています。

新型アクセラも引き続き、5ドアハッチバックと4ドアセダンの2種類ボディが用意されています。

ちなみに、4台目の新型アクセラから車名が「マツダ3」に変更になる模様です。

これまで、マツダアクセラは日本向け、マツダ3は海外向けでしたが、世界統一で日本向けにも「マツダ3」となるうわさが出ています。

注目が集まってきている新型のアクセラ(マツダ3)ですが、発売前の評判やスペック、値段についてまとめてみました。

新型アクセラはかっこよすぎ?

先日、1月11日~13日に東京オートサロン2019で、4台目となる新型アクセラ(マツダ3)が日本初公開されました。

新型発売前の「マツダ3」がみられるということで、多くの来場者が集まりましたが、その口コミは、「写真よりも実物の方がかっこいい」、「現行モデルと変わらないと思っていたが、実際は全然違う」という「かっこいい」「かっこよすぎ」というポジティブな評判が多かったそうです。

新型アクセラ(マツダ3)のスペックは?現行型と比較してみた

新型アクセラ(マツダ3) 現行型アクセラ(日本仕様)
ボディタイプ セダン・ハッチバック セダン・ハッチバック
乗車定員 5名 5名
全長・全幅・全高(北米仕様) セダン: セダン:
4459mm・1797mm・1445mm 4580mm・1795mm・1455~1465mm
ハッチバック: ハッチバック:
4459mm・1797mm・1440mm 4470mm・1795mm・1470~1480mm
ホイールベース 2725mm 2700mm
エンジン SKYACTIV-G 1.5 SKYACTIV-G 1.5
SKYACTIV-G 2.0 SKYACTIV-D 1.5
SKYACTIV-G 2.5 SKYACTIV-D 2.2
SKYACTIV-D 1.8 SKYACTIV-HYBRID
SKYACTIV-X
トランスミッション 6速オートマチックトランスミッション 6速オートマチックトランスミッション
6速マニュアルトランスミッション 6速マニュアルトランスミッション
電気式CVT
フロントサスペンション マクファーソンストラット式 マクファーソンストラット式
リヤサスペンション トーションビーム式 トーションビーム式
ステアリング ラック&ビニオン式 ラック&ビニオン式
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 205/60R16 205/60R16
215/45R18 215/45R18

マツダ3ハッチバック エクステリア・インテリア

ハッチバックのエクステリアは、あえてキャラクターデザインを用いず、湾曲させたパネルのみでボディを構成しています。

キャビンとボディが一つの塊にんたようなデザイン。

ハッチバックのサイズは、全長4459mm×全幅1797mm×全高1440mm

インテリアは、コックピットすべてがドライバー中心の左右対称レイアウトで無駄な要素は極力排除されており、より運転に集中できる空間となっています。

マツダ3セダン エクステリア・インテリア

すっと伸びやかな「ザ・セダン」のスタイル。

ランプ類は、灯台としての本質を追求しており、無駄を削ぎ落としてシンプルなデザインを表現しています。

セダンのサイズは、全長4662mm×全幅1797mm×全高1445mm

セダンのインテリアは、ホワイト内装になっています。

注目のスカイアクティブX

出典:「マツダ公式HP」http://www2.mazda.com/ja/next-generation/technology/

マツダ3で注目されている次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」

ガソリンエンジンに圧縮着火を行い、ディーゼル車のようなガソリン車になるとのこと。

ガソリン車でかつてないほどシャープなレスポンスやトルクフルで爽快な加速感、これまで以上の低燃費・環境性能とともに楽しめるエンジンが実現できるそうです。

ガソリンとディーゼルの良いとこどりですが、実際どうなんでしょうか。

マツダ3から採用される?1310MPa級高張力鋼板の開発

出典:「マツダ公式HP」https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2019/201901/190110a.html

この高張力鋼板を自動車の部材に用いるこのによって、従来車の同部品と比べると合計で約3kgの軽量化が実現できるそうです。

軽量化によって、燃費性能の改善や操縦安定性能が向上するとのこと。

また、高強度な鋼板のため、衝突安全性能の向上につながっています。

マツダ3の気になる値段はどれくらいなのか?

アクセラ現行型(3代目)の値段は、182.5~331万円となっています。

米国や欧州の値段を参考にすると、新型アクセラ(マツダ3)の値段は、少し価格アップした250万円~360万円の予想です。

日本発売予定は、2019年の3月~5月と予想されていますので、正式な価格もう少しまちそうです。

車の買い替えなら一括査定サイトがおすすめ

車の売却を検討中の方は、私が利用している一括査定サイトをご紹介します。

私の場合は、下記の2サイトを同時に利用しています。

1サイトだけの登録よりも、複数のサイトに登録した方が高い査定額が期待できるからです。

ユーカーパックでは、2000社(2019年では5000社)の買取業者が登録しています。

一括査定サイトでは珍しい、「電話連絡、訪問査定」が一社のみでラクラクな一括査定が行えます。

1回の査定データを元に、全国の買い取り業者が、入札します。

最大、5000社が対象だから、あなたの愛車のほんとうの最高額がわかります!

ズバット車買取比較は、ユーカーパックと同様に申し込み時に買取相場がわかる、人気サイトの一つです。

買取業者の登録数が多く、自分で買い取り業者を選択できるのが特徴です。

ズバット車買取比較の統計で、一括査定によって査定額が平均13万円以上差が出ているようです。

また、7割以上の方が5万円以上の査定額の差を体験していて、50万円以上になったというケースもあります。

こちらも、ユーカーパック同様におすすめできるサイトの一つです。

-車の新車情報

Copyright© 【車売却net】車を売却するなら一括査定がおすすめ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.