車の新車情報

新型RAV4がいよいよ発売予定!その価格やスペックに迫る

更新日:

出典:https://toyota.jp/rav4/new-rav4/(以下含む)

いよいよ発売間近となっているトヨタ自動車のSUV新型RAV4。

2018年の春にニューヨークショーで発表された5代目RAV4が、今年の春(2019年)に発売予定となっています。

すでにトヨタの公式WEBサイトで予告公開が始まっており、ディラーでは3月上旬から商談も始まっています。

かつてと同じくカローラ店とネッツ店で販売される予定となっています。

RAV4といえば、初代では狭い日本でも使いやすい5ナンバーサイズだったボディは、海外市場での要望に応えるためモデルチェンジの度に大型化が進みました。

そのため、国内での売れ行きが低下したため、2013年に販売されたRAV4の4代目は日本では導入されませんでした。

そして今回、4代目を通り越し、5代目で再び国内で販売されます。

そんな、新型RAV4の価格やスペックについて、調べてみました。

新型RAV4の価格は?

新型RAV4の価格一覧
グレード パワートレイン 駆動方式 販売価格(税込み)
X 2L直4 FF 260万8200円
X 4WD 283万5000円
アドベンチャー 313万7400円
G 320万2200円
G・Zパッケージ 334万8000円
ハイブリッドX 2.5L直4ハイブリッド FF 320万2200円
ハイブリッドX E-Four 345万600円
ハイブリッドG 381万7800円

新型RAV4のエントリーモデルは、260万8200円(税込み)予想となっています。

SUVにてライバル車の日産のエクストレイルは約223万円となっており、若干高めの価格設定に感じますが、装備内容に違いがある可能性が高いので現時点では何ともいえません。

そのほかマツダのCX-5は、約257万円の価格設定となっており、こちらを意識して決められた可能性も考えられます。

新型RAV4のオプション価格一覧

【2L直4】①「X」・ ②「X(4WD)」・ ③「アドベンチャー」・ ④「G」・ ⑤「G・Zパッケージ」

【2.5L直4ハイブリッド】⑥「ハイブリッドX」・ ⑦「ハイブリッドX(4WD)」・ ⑧「ハイブリッドG」

品目 価格 標準 オプション
225/60R18タイヤ&アルミホイール 4,32万円 ①、②、⑥
応急用タイヤ 1,08万円 全グレード
電動ムーンルーフ 10,8万円 ①、②、⑥、➆
パノラマ・ムーンルーフ 14,04万円 ③、④、⑤、⑧
電動ハッチゲートハンズフリー機能 1,62万円 ③、⑧
インテリジェント・クリアランスソナー 2,808万円 ④、⑤、⑧ ①、②、③、⑥、➆
ブラインドスポット警告&リアクロストラフィック警告 6,696万円 ④、⑤、⑧ ①、②、③、⑥、➆
バックカメラ 2,7万円 ④、⑤、⑧ ①、②、③、⑥、➆
電子ルームミラー 4,3~5,4万円 ①、②、③、④、⑥、➆、⑧
前席シートヒーター&ステアリングヒーター 7,992万円
AC100Vコンセント(100W) 0,864万円 ①、②、③、④、⑤
AC100Vコンセント(1500W) 4,32万円 ⑥、➆、⑧
おくだけ充電 1,29万円 全グレード
寒冷地仕様 1,944~2,268万円 全グレード

※応急用タイヤとAC100Vコンセント(1500W)は同時装着が不可となっています。

※前席シートヒーター&ステアリングヒーターと寒冷地仕様を同時装着した場合はセット価格9万9360円。

新型RAV4のオプションは、ベーシックグレードでもファミリーカーとして求められるものはほぼ網羅しています。

安全装備は、全車標準で足りな装備もほとんどがオプションで追加可能です。

新型RAV4のボディーカラー設定

【2L直4】①「X」・ ②「X(4WD)」・ ③「アドベンチャー」・ ④「G」・ ⑤「G・Zパッケージ」

【2.5L直4ハイブリッド】⑥「ハイブリッドX」・ ⑦「ハイブリッドX(4WD)」・ ⑧「ハイブリッドG」

ボディ 設定あり(無償) 価格
ホワイトパールクリスタルシャイン 3,24万円「全グレード(③以外)」
シルバーM 全グレード(③以外)
グレーM 全グレード
アティチュードブラックマイカ 全グレード
センシュアルレッドマイカ 3,24万円「全グレード」
アーバンカーキ
シアンM
ダークブルーマイカ 全グレード(③以外)
アーバンカーキ(ルーフ:アッシュグレーM) 5,4万円「③」
シアンM(ルーフ:アッシュグレーM) 5,4万円「③」
アティチュードブラックマイカ(ルーフ:アッシュグレーM) 5,4万円「③」
グレーM(ルーフ:アッシュグレーM) 5,4万円「③」

新型RAV4のグレードとスペック解説

「X」ベーシック装備でFFも選べる

新型RAV4のベーシックグレードとなるのは、「X」

全グレードの中で、唯一2WDの選択が可能で、ガソリン車では車両本体価格が300万円をきってきます。

ですが、装備は十分整っており、タイヤは17インチとなるがアルミホイールは標準装備されています。

トヨタセーフティセンスも標準装備されており、上級グレード並みの装備もオプションで追加できます。

【「X」FF・4WD・ガソリン・ハイブリッド】

「アドベンチャー」SUVらしさを強調

新しく新設されるグレード「アドベンチャー」

ワイルドなオフロード仕様でRAV4のイメージとなるグレード。

19インチの大径タイヤでアンダーガードなどのタフな装備をまとっています。

4WDシステムは、左右後輪の駆動力を電子制御する最新のダイナミックトルクベクタリングAWDが標準装備されています。

【「アドベンチャー」4WD・ガソリン】

「G、GZパッケージ」RAV4の上級グレード

都会派のオンロードSUVとしての快適性とステイタス性を極めた上級グレードの「G・GZパッケージ」

ガソリン車のみに設定されているGZパッケージは、さらなる走りと快適性を追求したオンロード仕様の最高峰である。

ただ、価格的にはハイブリッドのGよりも安い設定となっている。

4WDシステムもGZパッケージはアドベンチャーと同じダイナミックトルクベクタリングAWDが搭載されてます。

【「G」 4WD・ガソリン・ハイブリッド、「G・Zパッケージ」 4WD・ガソリン】

新型RAV4のスペック

タイプ ガソリン車 ハイブリッド車
駆動方式 FF 4WD FF 4WD
全長(mm) 4600
全幅(mm) 1855
全高(mm) 1685
ホイールベース(mm) 2690
車重(kg) 1480 1560 1590 1650
エンジン型式 M20A-FKS A25A-FXS
トランスミッション ダイレクトシフトCVT 遊星ギヤシステム
エンジン種類 2.0L直4DOHC直噴 2.5L直4DOHC直噴
最高出力(kw/rpm) 129/6,600 160 163
最大トルク(kw/rpm) 208/4300-5200 221/3600-5200
総排気量(cc) 1987 2487
燃料タンク容量(L) 55
燃料 無鉛ガソリン・オクタン価95以上
ハイブリッドバッテリー種類 ニッケル水素
バッテリー容量(Ah) 6.5
最高速度(km/h) 190 180
0-100km/h加速(秒) 10,7 11 8.4 8.1

新型RAV4の外装(エクステリア)

ワイルドな洗練された新型RAV4の外装

また、ルーフがアッシュグレーMに塗装されるツートンカラーが専用設定されています。

アーバンカーキボディ×アッシュグレーM

シアンM×アッシュグレーM

アティチュードブラックマイカ×アッシュグレーM

グレーM×アッシュグレーM

新型RAV4の内装(インテリア)

内装はコンソールなどにオレンジの差し色が配されているタイプとブラック色がある。

メーターパネルには表示項目を変えられる大型ディスプレイ画面が埋め込まれており、空調及び走行モードを切り替えるダイヤルにローレット(滑り止め)加工が施されている。

新型RAV4の安全性能について

(米国仕様車の写真)

新型RAV4には、トヨタの最新技術「トヨタ セーフティーセンス」が標準装備されています。

  • 自動(被害衝突)自動ブレーキ
  • ハンドル操作サポート
  • 車線はみ出しアラート
  • 追従ドライブ支援機能
  • 自動ハイビーム
  • 標識読み取りディスプレイ
  • 先行者発進アラーム(付帯機能

RAV4の値引きはできるのか?

新型RAV4の契約台数は好調で、セールス担当は自信満々の強気の姿勢をみせ値引き交渉が厳しい現状にはあるようです。

ですが、値引きできる可能性がある方法としては、カローラ店とネッツ店の両方で商談を行い、RAV4の価格を競わせて値引き交渉してみるのも手です。

上手くいけば、10万円前後の値引きも期待できる可能性があるかもしれません。

なかなか、ガード固いですが、チャレンジしてみても良いでしょう。

そのほか、車を下取りではなく買い取り専門店に出して、高く売却して資金を得る方法もあります。

とくに、複数の業者に査定を依頼できる一括査定を利用すれば、平均して14万円以上の差が出ているデータもあります。

車の買い替え時にはすこしの行動で、大きく手持ちの資金が変わるケースがあります。

少しでも予算を抑えたい場合には、値引き交渉や一括査定を利用して、車を買い替えていきましょう!

車の買い替えなら一括査定サイトがおすすめ

車の売却を検討中の方は、私が利用している一括査定サイトをご紹介します。

私の場合は、下記の2サイトを同時に利用しています。

1サイトだけの登録よりも、複数のサイトに登録した方が高い査定額が期待できるからです。

ユーカーパックでは、2000社(2019年では5000社)の買取業者が登録しています。

一括査定サイトでは珍しい、「電話連絡、訪問査定」が一社のみでラクラクな一括査定が行えます。

1回の査定データを元に、全国の買い取り業者が、入札します。

最大、5000社が対象だから、あなたの愛車のほんとうの最高額がわかります!

ズバット車買取比較は、ユーカーパックと同様に申し込み時に買取相場がわかる、人気サイトの一つです。

買取業者の登録数が多く、自分で買い取り業者を選択できるのが特徴です。

ズバット車買取比較の統計で、一括査定によって査定額が平均13万円以上差が出ているようです。

また、7割以上の方が5万円以上の査定額の差を体験していて、50万円以上になったというケースもあります。

こちらも、ユーカーパック同様におすすめできるサイトの一つです。

-車の新車情報

Copyright© 【車売却net】車を高く売るなら一括査定がおすすめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.